ドラえもんもびっくり…ハリーポッターの役立つ呪文ランキング16選

th_スクリーンショット 2019-06-11 19.22.24

ハリーポッターに登場する呪文や魔法の数々。

便利なものから強力な呪いまで様々なものが登場し、今なお続編やスピンオフ作品にて増え続けている。

今回の記事では、そんな魅力的なハリーポッターに登場する呪文や魔法を様々なテーマでランキング化してみた。

あなたのお気に入りはランキングに登場しているだろうか。

Sponsored Link

まるで少年漫画!ハリーポッターの「戦闘呪文」ランキング

th_スクリーンショット 2019-06-11 18.57.55

ハリーポッターに限らず、呪文が登場するファンタジー作品において欠かせないのが「戦闘シーン」である。

ハリーポッターはいわゆる少年漫画ほど戦闘が茶飯事な作品ではないものの、戦闘で使えば盛り上がり間違いなしのカッコよく強力な呪文が登場する。

ここでは、強さやバトルシーン映えを総合的に判断してランキング形式で紹介しよう!

 

6位 必要性MAX防御呪文「プロテゴ」

敵の攻撃から身を守る防御の呪文。

ハリーポッターには他にも防御手段は幾つか登場するが、これが最もポピュラー。

使用者の力量にもよるだろうが、あらゆる魔法や攻撃から身を守れる。

上位呪文の「プロテゴ・マキシマ」では、防護結界のようなものを張ることが出来る。

 

5位 標準搭載の攻撃魔法「ステューピファイ」

ハリーポッターの世界ではポピュラーな攻撃手段として何度も使用される。

本来は対象を「麻痺させる」呪文であるが、ハリーポッターの映画版を中心に敵を吹き飛ばす赤い閃光を出す呪文として扱われることが多い。

 

4位 ファンタジーといえば属性モノ。「悪霊の炎」

炎や雷を使用した魔法はファンタジーあるあるだが、ハリーポッターにはあまりそういった呪文が登場しない。

そんな中、ザ・戦闘魔法とも言えるのがこの「悪霊の炎」。

死喰い人が好んで使う「消えない呪いの炎」であり、ハリーポッターの宿敵、ヴォルデモートの分霊箱を破壊するほど強力なのだ。

 

3位 吸魂鬼専用と侮るなかれ「エクスペクト・パトローナム」

当初はハリーポッターの天敵「吸魂鬼」を撃退する魔法として登場。

しかしその後、伝令手段として使われるなど「守護霊を呼び出して使役する」魔法としての印象が強まった。

他にどんな効果を持つのか想像が膨らむ技だ。

 

2位 戦いに特化した切り裂きの呪文「セクタムセンプラ」

ハリーポッターと謎のプリンスに登場する「半純血のプリンス蔵書」に記載されている呪文の一つ。

人に対して使用し、出血死しかねない裂傷を負わせる。

使った場所次第では切り落とすことも…恐ろしいが強力な呪文となっている。

 

1位 これが1位では元も子もない?「アバダケダブラ」

対象を緑の閃光とともに絶命させる、悪名高き禁じられた呪文

これが1位ではランキングの意味もないような気がするが、使用する難易度や著名度、何よりその強力さから致し方なしと判断させていただいた。

Sponsored Link

一家に一台!「家事代行呪文」ランキング

th_スクリーンショット 2019-06-11 19.33.54

ハリーポッターでは戦闘シーンの他、冒険や日常を彩る魔法も多数登場するが、これらも老若男女を引き付ける要因の一つだろう。

ここからは、日常の退屈な「家事」すら楽しくなってしまう素敵な呪文ランキングを紹介していこう。

 

5位 模様替えに!「ロコモーター」

どんなに重いものであろうと、腰を痛めずに運ぶことが出来る。

箪笥、本棚、使わなくなったダイエットマシンなど、運ぶのが億劫なものでも簡単に移動させられる模様替えや大掃除にぴったりな呪文。

 

4位 旅行の準備や片づけに「パック」

楽しい旅行ならその準備もワクワクするものだが、忙しかったり、また急に決まった出張などでは荷物をまとめるのも一苦労だ。

そんなときにこの呪文を使えば、一瞬でトランクに荷物を詰めることが出来る。

熟練者ともなれば服はひとりでに畳まれるので、日常の片づけにも応用できそうだ。

 

3位 鍵要らずの万全セキュリティを!「コロポータス」

最近物騒な世の中で施錠は何よりも大切だが、ついうっかりしてしまうこともあるだろう。

しかしこの呪文を使えば扉を完全に閉じることが出来る。

そこら辺のコソ泥マグルには到底開けられないし、呪文のかけ忘れさえなければ安泰と言える。

 

2位 コロポータスとは対の関係「アロホモラ」

3位で挙げたコロポータスとは逆に、こちらは鍵がなくとも開錠できてしまう呪文。

鍵の紛失の心配もこれが使えれば全く要らなくなるという代物だ。

ただし、みんなが一斉に習得したら世間の治安は急激に悪くなるかもしれない…

 

1位 掃除の手間から完全開放「スコージファイ」

汚れもホコリも口の中も、何でも清めることが出来る万能掃除呪文。

これさえ使えればホウキや掃除機、何なら洗濯機すら不要かもしれない。

しかし、他人にとってはごみに見えても大切なコレクションがある人は注意して使用したい。

このようにハリーポッターには家事に役立つ便利な呪文がわんさか出てくる。

ランキングで挙げた魔法以外にも名前が明記されていないもの、さらに「杖の一振り」で出来てしまうものも多く存在するのだ。

Sponsored Link

筆者もぜひ使いたい、便利すぎる魔法ランキング!

th_スクリーンショット 2019-06-11 19.11.38

最後に、筆者が強くオススメしたい呪文をいくつか紹介しよう。

ハリーポッターのファンであれば一度は「この呪文、使えたらなあ…」と妄想した瞬間があるかもしれない。

そんなあなたがお気に入りの魔法や呪文がランクインしているかどうか、是非チェックしてほしい。

 

5位 飲み会のお供に「リナベイト」

蘇生呪文。ハリーポッターの世界ならまだしも、現実世界では「気絶した人の蘇生」をする機会も中々無いだろうが、飲み会が多い社会人や学生の皆様にぜひ。

他にも道端で立人が倒れているなんてことがあれば、声かけや気道確保よりも先にこの呪文を使いましょう。

 

4位 シュノーケルもボンベも不要!「泡頭呪文」

海好きのハリポタファンから人気が高かったため、今回ランキング入りさせた。

これさえあればレジャーの幅がぐんと広がること間違いナシ!

水中生物への「変身呪文」と迷ったが、ほかにも変身したい動物はいるのでこちらを優先した。

 

3位 思い出の整理に。「憂いの篩/ペンシーブ」

嫌な記憶を思い出さないように、また大切な思い出を鮮明に見返したりと、記憶を意のままに整理出来る魔法。

ハリーポッターシリーズでは主に校長先生たちが使う描写が主だっている。

また他人の記憶を貰うことによって、それすらも見れてしまうという万能っぷりだ。

 

2位 現代の日本人たちに「元気の出る呪文」

文字通り、元気が湧いてくる呪文。

使いすぎると笑いが止まらなくなるという副作用こそあるが、疲れ切った日本の皆さんに是非使ってほしい魔法だ。

これさえあれば元気が出る診療所を開いて(ついでにオブリビエイトで魔法の痕跡は消し)、ボロ儲け間違いなし…!

そんな金銭的な発想までも湧いてしまった。

 

1位 議論の余地なく1位!「姿現し/姿くらまし」

この記事を書くと決めた瞬間、筆者の中で既にランキング入りしていたのがこの「姿現し/姿くらまし」。

「どこへ、どういう意図で、どうしても」の意識の下、いる場所から「姿をくらまし」、希望の場所に「姿を現す」ことが出来る。

現代社会で使うには、人の目など不便もありそうではあるが、退屈な移動時間をカットできる最高の魔法である。

以上、いかがだったろうか。

この記事ではハリーポッターに出てくる様々な魔法や呪文を、三つの視点からランキングにて紹介してきた。

ここで取り上げた魔法が作中のどこに登場するか観返すも良し、またハリーポッタービギナーの方でもこのランキングを片手に魔法談義を楽しめることだろう。

ハリポタネタの一つとして、是非ランキングに着目してほしい。

Sponsored Link

他にこんな記事も読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ