悪党過ぎる…!トリコの黒幕「アカシア」にまつわる裏話

th_スクリーンショット 2016-07-05 21.55.55

今では週刊少年ジャンプを代表するグルメ漫画(?)になったトリコ

そんなトリコの世界で、数々の偉業を成したとか黒幕だとか…色々とエピソードが多いことでも有名なアカシア

彼は一体どんな人物だったのか、少し整理してみよう。

 

グルメ界の王「アカシア」とは

まずこのアカシアだが、トリコ世界の現代では「美食の神」と呼ばれている。また彼をまつるグルメ神社には等身大の黄金像まであるのだ。

何故これほど崇められるかと言うと、彼が成した功績のためだ。彼は600年も前に、既にこの世の全てを食破した。その時にグルメクラゲを発見。

Sponsored Link

また、その体内に宿るグルメ細胞も同時に見つけた。この細胞は人間にとてつもない力を与える。

美食×格闘がメインディッシュのトリコには欠かせない設定。それを初めて発見したのがアカシアなのだ。

なお、グルメ貴族として知られるニトロを人類で最初に確認したのもアカシアだ。更に彼は100年近く続いた争いを、各国のリーダーに幻の食材GODを渡すことで終戦に導いた。

人間だったころのアカシアがどれほどの偉人か分かるだろう。そう、人間だったころは…

 

異形の存在と化したアカシア

アカシアの体内にはある細胞が宿っていた。それはネオと呼ばれる悪魔だ。

古くはニトロに管理される益獣だったが、やがて惑星を食い尽くすほどの魔物に変貌。作中では過去に何度も倒されているが、完全に消滅はせず、数億年単位で復活する。

この細胞がアカシアの中にあることをブルーニトロたちが見つけてしまう。彼らは最果ての厨房でネオの「復活の調理」を施す。

これにより、ネオとアカシアは一体化。姿も醜く理性も失った異形の存在になったのである。

現在では、己の食欲を満たすためだけに生きているという。まさにバケモノだ。

 

なぜ?アカシアがトリコの「黒幕」だったワケ!

トリコ世界の聖人的な存在だったが、ブルーニトロに利用されてバケモノになってしまった。客観的事実から語るアカシアとは、ざっとこんな存在だ。

しかしトリコの物語が進むにつれて、徐々に彼の闇の部分が明らかになる。

そもそも終戦のために世界中の指導者に渡したGODだが、その見返りとしてアカシアは莫大な金品を受け取っていた

また彼らを自分の手下のように扱うためでもあり、その子孫にも数百年に渡って資金援助をさせていたのだ。アカシアには一龍・次狼・三虎という3人の弟子がいる。

このうち美食會のボスでもある三虎が後に、悪魔的破壊力を持つメテオスパイスを用いて人間社会の破壊を目論んだ。これもやはりアカシアの計画だったという。

Sponsored Link

また、自身がネオと融合することになった「復活の調理」。これも実は、元々アカシアとブルーニトロ両者の計画によって行われたものだったのだ。

トリコ世界の美食パイオニアとも言えるアカシアが、なぜ裏ではこんな汚いことをしていたのか?それは彼のやむなき食欲のためだ。

「この世の全てを食破した」とうたわれたアカシアだが、世の中はそれ以上に広かった。彼をもってしても、まだ出会っていない食材が無数に存在したのである。

食材を探すには莫大な資金が必要だ。そしてどんな過酷な場所にも耐えられる肉体と食運も不可欠だった。

GODの件で財産は手に入れたアカシアだが、生まれつきの肉体と食運は金ではどうにもならない。そこで思い付いたのが、ネオ細胞との同化による強化。

更に人間社会を破壊することで、そこから生き延びた食運の強い人物を見つける計画である。しかしこの野望に気付いた者がいた。

それは、国際グルメ機構IGOの元会長でもありトリコたちの育ての親、一龍だ。一番弟子の彼は、最もアカシアの近くにいた人物。それだけ陰謀を知るチャンスも多かったという事だろう。

作中で、三虎と一龍が黒幕の話をするシーンがある。一龍はそれまでアカシアのことを「様」をつけて呼んでいた。

だがこのシーンでは、なぜか呼び捨てにしているのだ。つまり「様」をつける必要がないと判断した。

それは彼こそが「事件の黒幕」だと気付いていたからだろう。

 

アカシアに関係するトリコ世界の人物たち

グルメ時代の始まりから数えても、アカシアは少なくとも600歳以上である。これだけの長寿だとやはり多くのキャラクターとの関わりを持っている。

もちろん一龍たちもその一員だが、たとえばトリコ世界のもう一人の黒幕・ジョアもそうだ。ジョアは公には、療水に触れたフローゼの肉体に別の魂が宿ったものとされる。

フローゼはアカシアの相棒だったのでこの時点で無関係ではないが、なんと彼女を復活させようとしたのもまたアカシアだというのだ。しかし計画が失敗し、暴走したのがジョアである。

また、ジョアの正体は次狼や三虎と言う声も…そうした中にはジョア=アカシアの子孫という噂も存在するのだ。

いずれにしろ黒幕同士が裏で繋がっていたのは間違いない。と言うより、アカシアさえいなければトリコ世界は平和だった!?

ここまで知るととんだ大聖人である。ちなみにアカシアが各国に献上したGODだが、これはトリコ世界では「アカシアのフルコース」と呼ばれる珍味の一つだ。

しかしこのGODについても、実は「人間」の隠語だという説もある。事実だとすればアカシアは想像以上に黒すぎる人物だ。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ