千と千尋の神隠しの都市伝説!4つの裏設定が隠されていた

th_スクリーンショット 2015-10-30 13.04.06

千と千尋の神隠しとは2001年に公開されたジブリの映画で、未だに親しまれているアニメである。

そんな千と千尋の神隠しだが、都市伝説や裏話があることをご存知だろうか?

今回はその都市伝説についていくつか紹介したい。

 

千尋たち一家は事故に遭っていた?

th_スクリーンショット 2015-10-30 13.03.19

千と千尋の神隠しは、車で走っていると道に迷ってしまうと言うのが始まりである。父親が突然スピードを上げてトンネルに向かって車を走らせる。

映画では「不思議の世界に迷い込む」という設定になっている。しかし都市伝説では事故に遭って、瀕死の状態になっているというのだ。

Sponsored Link

作中でトンネルを抜けて不思議の世界に入った時に、既に身体が透けて消えそうになっているのだ。人は死ぬ時に三途の川を渡ると言う説がある…

そして千と千尋の神隠しの冒頭シーンの後で、気になる場面がある。車で三途の川の様な場所を渡るシーンがあるのだ。これを見ると、トンネルを抜ける途中で事故に遭ったと考えてもおかしくない。

また、日中こそ違和感のない普通の景色だが夜になるとトンネルの先に川ができる。これは現世と死後の世界が、はっきり分かれている風にも感じられる。

よく瀕死の状態は、意識がもうろうとして夢の様なものを見るとも聞く。自分がそんな危険な状態というのを分からない人もいるのだ。そのため、一家が事故に遭遇していたという都市伝説が生まれたのだろう。

 

電車の乗客はナゼ真っ黒なのか?

th_スクリーンショット 2015-10-30 12.57.12

後半になると千尋が電車に乗るシーンがあるが、中の乗客は真っ黒で透き通っている。これは何故かという疑問…都市伝説ではこう噂されている。

黒いのは生きることに希望を失っているという現れ。途中に駅が存在するが、自殺を踏みとどめる人はそこで降りるという。外の景色はとても綺麗なのに、車内は真っ黒く異常な乗客ばかり。

Sponsored Link

「この世に未練がない人たちの集まり」と言われるのも納得がいく。またこの場面で都市伝説となっているのが、ジブリシリーズ「火垂るの墓」の節子が登場するという話。

「水の駅」でホームから電車を見つめる女の子がいるが、それが節子だという都市伝説だ。これは亡くなってからも兄を待っているとされる。

 

ハクは人間界で千尋に出会っていた!?

th_スクリーンショット 2015-10-30 13.05.20

ハクが千尋を元の世界に戻そうとトンネルまで連れて行くシーンがある。ただしハクは湯婆婆のルールに従わなくてはならない…「八つ裂き」にされるという悲しい運命を受け入れているのだ。

千尋と別れ際に手を話す時に、名残惜しい気持ちが伝わる描写もある。だが、宮崎駿氏がこれに対し「二人の永遠の別れ」を意味すると明かしている。しかし、ハクは千尋と再び会う約束をした。

これについて都市伝説では次のように言われる。あの後、湯婆婆の手により殺されて魂のみになったが、都市伝説では「人間界に行く」という風に考えられている。

現に千尋が過去に川で溺れたとき、彼によって助けられたと気付くシーンがある。もしかすると、ハクは川の守り神に生まれ変わって彼女を見守っているのかもしれない。

一言メモ

千と千尋の神隠しの都市伝説は全て正しいとは限らず、噂レベルのものもある。とは言え、最後の別れのシーンはやはり涙を誘う。

トンネルを抜けるとそれまでの記憶は全て消え去ってしまうが、この構成は切なすぎて反則レベルだ。その後も記憶を失わずにハクと巡り合う事ができたらと思わず願ってしまう。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ