ウルトラマンの「家系図」がカオス過ぎると話題に!

th_スクリーンショット 2016-07-05 19.26.57

ウルトラマンの設定にはいわゆるウルトラ兄弟やウルトラ一族など、「家族」に関するものがいくつかある。

世の中にはこの関係を分かりやすく表した「家系図」が存在するのだが…

どうも噂ではこの家系図がかなりカオスだという…

一体それはどういうことなのか?真相に迫ってみた。

 

あの二人は兄弟?複雑過ぎるウルトラマン家系図!

th_スクリーンショット 2016-07-05 18.50.25

噂の元はネット上に出回っている一つの画像だ。ウルトラマンの家系図と称したもので、探せば簡単に見つかると思う。

この家系図によると、ウルトラマンゾフィーはゾフィーの父とウルトラマンの母の間に生まれた。兄弟にはウルトラマンエースがいる。

Sponsored Link

更にウルトラマンの母は、この後に初代ウルトラマンを生んでいる。しかしご存知のとおり、初代ウルトラマンの父親は「ウルトラマンの父」なのでどうやら再婚後の子どものようだ。

またウルトラの父の子と思われていたウルトラマンタロウは、実はウルトラの母とセブンの父の子。つまりウルトラマンタロウとウルトラセブンは「異母兄弟」の関係に当たる。

しかしそのセブンの母はウルトラの母の妹であり、血筋という意味ではかなり近い兄弟になっている。ウルトラの父はタロウとエースの義父、あるいは養父となって彼らを育てていたのだ!

とまあ、かなりカオスというかドロドロした家系図である。画像に書かれてある注釈を見ると、ある編集部が想像で書いたものだとしている。

とはいえ、子ども向け番組の考察モノとしてここまでカオスな展開があるだろうか。「色々な情報」を元に作り上げたとはしている。

しかしそれにしてもヒドい…が、ここにある情報が入ってくる。

 

ウルトラマンの家系図は後から改造されたもの?

どうも先ほどの画像は、偽物の可能性が高いというのだ。誰かがイタズラで家系図を改ざんしてネット上に広めたもの。

いわゆる「ネットの悪意」のようなものである。そして、筆者はその元となる家系図らしきものをどうにか探し当ててきた。

この「本物の家系図」は偽物と違ってかなりシンプルな構造になっている。そもそもゾフィーの母親はウルトラマンの母ではなく姿も謎とされている。

またエースとも兄弟ではなく、彼の両親は生まれてすぐ他界したためウルトラの父によって育てられていた。ウルトラマンタロウはやはりそんなウルトラの父の実子。

セブンと異母兄弟というのも偽家系図による真っ赤な嘘だ。ただしウルトラの母とセブンの母が姉妹なのは本当で、ウルトラマンタロウとセブンはイトコの関係で間違いないようだ。

本物と偽物の家系図を比べてみると、余白の部分に本来は繋がっていない線を通していたり、画像を切り貼りした痕跡がうかがえる。ネタが分かってしまえば簡単なトリックだが、なんとも手の込んだイタズラである。

いや、もしかしたら偽家系図を作った本人もネタでやったのかもしれない。それがここまで広まってシャレでは済まなくなったのが実際のところではないだろうか。

しかし。ウルトラマンの家系図に関する話はこれだけではない。

Sponsored Link

実は「本物の画像」である元の画像も本物の家系図」ではないかもしれないのだ。何を言っているか分からないだろうか?筆者もである。

ということで、少し整理してみよう。

 

「円谷プロ公式」の家系図はちゃんと存在していた

th_スクリーンショット 2016-07-05 19.12.09

先ほどの家系図はウルトラマンのものとしてはかなり有名だ。しかし、有名だからといって公式設定だとは限らない。

あれはあくまで、どこかの出版社の編集部が想像で書き起こしたものである。では「円谷プロ公式の家系図は存在しないのか?

というと、これが実は存在する。書いてあることは先ほどの家系図とほぼ同じだが、こちらの方が古い資料なのか、ゾフィーの親は父母ともに不明とされている。

また「初代」と「帰ってきた」の名前が決まる前だったのか、2人の名前が「前のウルトラマン」「新しいウルトラマン」となっている。略称も「前のマン」「新マン」だ。

初代に関しては現在では見慣れない呼称だが、「帰ってきた」の方はこの頃から「新マン」で統一されていたらしい。日付を見ると1973年4月となっているので、相当古くからこの呼び名で通用していたようだ。

そう考えると少し感慨深い。さてこの情報は「小学四年生」に掲載されたものだ。

しかしページの隅には、ちゃんと円谷プロのマークが記されてある。つまり製作プロダクションから許可を取って公開された証で、これこそが円谷プロ公式設定ではないかとされるのだ。

また年代こそ不明だが、最近作られたと思われる家系図もある。これにはゾフィーの父親既に他界していることや、そんな彼が宇宙警備隊の隊長であることなど、家系図をこえた情報が詳しく掲載されている。

ちなみにこの家系図によると、偉大な父を持つウルトラマンタロウはウルトラ6兄弟の中では最も立場が弱いことも書かれている。タロウにとっては黒歴史的な家系図かもしれない。

偽物の画像が出回ったりしてカオスなウルトラマンの家系図…だが、どの画像でもはっきりしているのはウルトラ6兄弟に直接の血縁関係が存在しないこと。

兄弟と言えるのはタロウとエースだが、血のつながりのない義理の兄弟だし、一番近いタロウとセブンでもイトコ止まりだ。この事実が、今回一番の収穫ではないだろうか。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ