もののけ姫の都市伝説…アシタカとサンの「その後」

th_スクリーンショット 2015-11-29 13.58.35

もののけ姫は大変人気があるアニメで、数々の都市伝説が存在する。

例えば、アシタカとサンの「その後」の行方や許嫁、タタラ場との関係 tec..

興味深い内容を他の記事でも紹介しているが、これらを知ると「もののけ姫」を観るのが一層楽しくなるはずだ。

ぜひ眺めながら読んでみて欲しい。

 

アシタカの許嫁、カヤとの関係

th_スクリーンショット 2015-11-29 13.59.25

もののけ姫のヒーローであるアシタカは、エミン族の17歳の少年。まだ若干10代だが、行く行くは村の長になると期待されている。

Sponsored Link

そんなアシタカには都市伝説があり、許嫁がいるというのだ。アシタカが村を旅立つシーンで、一人の少女が彼に小刀を渡していたのだが…

名前はカヤといい、アシタカを「兄様」と呼んでいた。特に気にしなければ妹なのかと思うくらいだが、どうやら彼女は許嫁らしいのだ。

この兄様という呼び方は、村全体の年長の若者を意味した呼び方である。そして渡していた小刀は、村の女性が純潔を誓うしるしの贈り物だったのだ。

またアシタカは、村を出る前に髪を切っている。これは出家を意味する行為で、もう戻らないという風にも見て取れる。

カヤが将来の結婚相手だったにも関わらず、アシタカはサンと出会って彼女に惹かれていく…そしてサンにプロポーズをしていた。

宮崎監督がこの二人のその後に対し「頻繁に逢瀬を重ねている」と言っていたので、カヤには心あらずということになる。

 

アシタカとサンのその後…

アシタカがサンと結ばれたとしても、先にはエミン一族の長として一族を繁栄させるという宿命があったはず…だが村には戻らなかった

都市伝説ではアシタカは許嫁を捨てて、その後サンと結ばれたと言われている。このことから、アシタカは無責任で浮気性とも言われているのだ。

Sponsored Link

彼の特徴は行動に一切の迷いがなく、常に迅速に物事を判断し運命を切り開く性格。彼は村を出てサンに惹かれた時点で、許嫁への未練がなかったと思われる。

つまり、もうカヤと結婚の余地はないのだ。浮気性というよりは、「断髪“出家の儀式”」の時点で答えは出ていたのかもしれない。

アシタカは呪いを解く為にタタラ場に来たが、最後には呪いのアザも消えて森も自然を取り戻す。その後、彼はサンに「タタラ場で共に暮らそう」と告げていた。

 

アシタカはなぜ村に戻らなかった?

th_スクリーンショット 2015-11-29 14.00.56

もののけ姫のラストシーンで発したセリフから、アシタカが村には戻らないのは確定である。だが呪いは解けたと思われるので、村に戻る選択肢も無くはない。

都市伝説ではこのような解釈がある。ちなみに、彼が戻らなかったのは村を守る為だったという話だ。

というのは、もしも村に戻ると足がつき故郷が侵略される可能性があったから。何世代も同じ血縁で築き上げてきた、エミシ族。

アシタカとヤックルは、雰囲気や身体の特徴ですぐに目を付けられるだろう。それを考えると責任感の強いアシタカには、戻るという選択肢は皆無と考えられる。

そしてタタラ場では、エボシを含め村人に大変世話になっている。となれば、村の復興を手伝うことも予想できる。

タタラ場を訪れた理由がどうあれ、恩返しをするのは当然のことだ。そう、都市伝説ではこのような解釈があったのだ。

一言メモ

あくまで都市伝説ではあるが、納得できる部分も多い。アシタカの許嫁の話や、その後村に戻らなかったのにも様々な解釈がある。

もののけ姫にはこの他にも都市伝説が存在しているが、いろんな視点で見ると一層楽しめる。

もののけ姫の都市伝説は今後も語り継がれていくだろう。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ