【都市伝説】ディズニーの極秘レストラン「クラブ33」を大公開!

th_スクリーンショット 2015-12-12 23.59.58

ディズニーに「クラブ33」と呼ばれる謎の会員制レストランがあるのはご存知だろうか?

ここに入る事は並大抵のことではなく、「ある条件」をクリアした人のみという事で都市伝説にまでなっているのだ。

あなたがここの常連であればこの記事を読む必要はないかもしれないが、興味があるディズニーファンのために書いてみた。

という訳で、今回は謎多きクラブ33の都市伝説について紹介しよう。

 

クラブ33は単なる都市伝説じゃなかった…

th_スクリーンショット 2015-12-12 23.59.24

都市伝説となっている「クラブ33」は本当に実在する秘密レストランである。

別名「クラブサーティースリー」と呼ばれるこの店は、カリフォルニアと日本のディズニーの2ヶ所に存在する。

Sponsored Link

名前の由来はディズニーのひとつ「ニューオリンズ・スクエア」が33番地にあったことがきっかけだ。

日本にあるクラブ33の場所は、ランドのワールドバザールの二階に位置し、三井住友銀行の隣にひっそりと入り口が設けられている。

元々は、創始者ウォルトディズニーが客人をもてなすことを目的に創設された。そして、ウォルトの死後は「特別会員制のレストラン」として運営されるようになった。

だがクラブ33に入れる者は、ディズニー関係者やVIPのごく限られた一部のメンバーのみ。さらに、現在は一般公開もされていないため存在すら都市伝説になっていた…

しかし実際に存在していて、利用しているのは主にディズニーのスポンサー法人である。

 

どんなサービスが受けられるの?

th_スクリーンショット 2015-12-13 0.03.55

ここではフランスのコース料理を主として、通常のディズニーでは注文できないオリジナルメニューが提供される。

料理の最後にはミッキーシールのお土産付きだ。また、ランドでは飲むことのできないワインなんかも飲める。

その他クラブ33関連のグッズを取り扱う物販スペースも設けられ、豪華な内装に一流品の食器を扱っている。

Sponsored Link

外から見られないよう日中は店内のカーテンは閉めきっているが、夜のパレードが始まると電気を消して、カーテンを開けるために店内からショーを眺めることもできる。

さらにバースデーコースを予約することで、時間は指定されるもののミッキーに直接誕生日を祝ってもらえる

 

クラブ33に入る方法

th_スクリーンショット 2015-12-12 23.57.46

クラブ33の場所はランド内のため、第一にパークチケットがなくては入ることはできないが、会員証を見せればメンバーズパスポートを発行してもらうことができる。

クラブ33に入れるゲストは上記で触れたようにスポンサー法人の関係者が主であり、一般の人は関係者との関わりやコネがなくてはまず入ることはできない

またJCBのブラック会員の特典にて、クラブ33に入会できるとも言われている。

しかし入会費は250万・年会費は100万とかなりの高額といわれており、金額的な条件はかなり厳しい。

また、現在の会員数はわずか500人程度と言われていて都市伝説になる理由もうなずける…

さらに、2013年からはクラブ33に招かれたゲストは自身のSNSなどにクラブ33での料理などの詳細を明かすことを禁じられ、情報に制限がかけられた。

入り口だけなら誰でも見ることができるが、この幻のレストランに入るには相当の条件が必要になる。

以上、謎のレストランはいかがだったろうか?数ある都市伝説の中でもかなりそそられる内容だと感じた。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ