【怖い都市伝説】ディズニーで誘拐事件が起きた恐ろしい理由

th_スクリーンショット 2015-11-12 18.15.30

毎日多くの人が遊びに訪れるディズニー。中には子連れの家族もたくさんいる。

セキュリティやサービスが充実していることでも知られているが、そのディズニーで恐ろしい誘拐が起きたという都市伝説がある。

子連れの家族には心配になる都市伝説であるが、詳しく説明していこう。

Sponsored Link

ディズニーで子供が狙われている?

可愛いキャラクターがたくさんいるディズニーは子供達も大好きな場所である。しかし親子で訪れるゲストの多い中、不安になる都市伝説が見つかった。

ある日、4歳の女の子がディズニーで親が目を離した隙にいなくなり迷子になってしまった。親は懸命に探したものの見つからず、駆けつけた迷子センターにもいないようであった。

すると、ディズニースタッフは神妙な面持ちでディズニースタッフ全体に連絡を渡らせ、入退園できるゲートを一つだけ残して封鎖したのだ。

そして両親をそのゲートに連れてこのように言ったという。

「これからこのゲートを出ようとする子連れの人物を注意して見ていてください」

「お子様は髪を切られたり染められたり、服装を替えられたりしているかもしれません。慎重に見逃さないようにしてください」

ここでようやく、両親は娘が誘拐された可能性があることを知った。

必死になって我が子を見つけるために退園するゲスト達を見張っていると、寝ている男の子を抱えて出て行こうとする男性に目が止まった。

Sponsored Link

男性が抱えている子は髪も短く服装も違っていたために男の子に見えたが、靴は女の子の靴を履いていた。良く見ると、その子供こそが探していただったのだ。

かなりギリギリの発見である。引き止められた男性はすぐに取り押さえられ、警察に連行された。娘は薬で眠らされていたものの、無事に両親の元に戻ることが出来たのだ。

しかしディズニーのこの対応は、初めて起きた誘拐とは思えないような迅速さがある。もしかしたら、私たちが知らないだけで何度か誘拐のケースがあったのかもしれない。

この都市伝説が本当ならば大人は不安をかかえてしまいそうだ。ディズニーで過ごすと大半の人は夢心地になると思うが、家族連れの際にはぜひご注意を…

 

過去に誘拐事件があった?

都市伝説によると、誘拐事件の目的は人身売買臓器売買など恐ろしい理由があるとされている。

海外ではこのような事件が公園やスーパーなどの各所で起きており、子供を一人で外出させることを禁じている家庭も多いそう。

また、誘拐の都市伝説は多くの親子連れが訪れるディズニーなら「起きそうな事件である」とデマが流れて広まった可能性もある。

よって噂が一人歩きしたとも言われるが真相は定かではない。

確かにディズニーともなると、国内のランドとシーを合わせただけでも年間で3000万人以上の客(ゲスト)が訪れている。

それは日本の人口にして、なんと3〜4人に1人という計算。

このご時世何があるか分からない。楽しいディズニーにいる時にも子供からは目を離さないようにしたい。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ