【ヤバい都市伝説】ディズニーのリトルマーメイドに男性のアレが!?

th_スクリーンショット 2015-12-01 23.44.34

代表的なディズニープリンセス映画の一つである「リトルマーメイド」。

アリエルの美しい歌声や陽気な海の仲間達が奏でるこの作品は、男女問わず人気が高い。

しかしこの作品にも都市伝説と言われるものが多く、中にはイメージを壊すような内容も少なくない。

そこで今回は、リトルマーメイドにまつわる都市伝説を2つ紹介したい。

 

ビデオパッケージに「アレ」が書かれている!?

リトルマーメイドは、人魚が人間の王子に恋をすることから始まる純愛ストーリーである。

しかし、そんなピュアなアニメであるにも関わらず、なんと男性の「アレ」が描かれているという都市伝説がある。

問題となっているのがリトルマーメイドのビデオパッケージである。

Sponsored Link

一見するだけでは分かりにくいが、キャラクター達の後ろにある城に「それ」と思しき部分がある。

これは決して偶然ではなく、あるデザイナーの復讐が関係しているとのこと。「リトルマーメイド」の製作段階で解雇通告を受けた某デザイナーがいた。

彼はこの映画に思い入れがあったために製作が終了するまで待って欲しいと頼んだものの、受け入れられずに解雇された。

腹を立てたデザイナーは、復讐としてビデオパッケージへ故意的に描き残したという。

その後ディズニーの映画製作陣は皆、この「小さな復讐」に気付くことは出来ずに公式販売されてしまった。

リトルマーメイドは美しいプリンセス映画ということもあり、あんな物が描かれているなんて思いもしなかっただろう…

夢のあるディズニー映画をこのようなパッケージで広めたのは大きなミスかもしれない。

 

アリエルは自殺していた?

ディズニーのリトルマーメイドは人魚のアリエルが人間の王子に恋をし、彼に会うために魔法で人の足を得る。

そして様々な障害と立ち向かいながらも、めでたく王子と結ばれ幸せに暮らすという物語で知られている。

しかし、都市伝説ではその後アリエルは自殺したといわれている。ようやく結びついた二人に一体何があったのか?そんな都市伝説の由来を紹介しよう。

リトルマーメイドでは人魚が人間の世界と関わることはタブーとされていて、原作でもルールを犯した人魚は泡になり死んでしまうという厳しい設定だ。

さらに原作では、王子は最終的に別の女性と恋に落ちたためアリエルは振られてしまう。

彼女は父親から、泡とならないために「王子を殺し人魚に戻る」選択肢を与えられたが、結局愛した王子を殺せずに死を選ぶという何とも皮肉な結末である。

都市伝説でアリエルが自殺したと言われるのは、要するにこの原作の結末が関係していたのだ。

原作は悲しくも美しいラブストーリーとして評価されているが、これではディズニーの夢物語にはそぐわない。

やむを得ず大きくアレンジした結果、現在のよく知られるディズニーの「リトルマーメイド」が誕生したのだ。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ