【クレヨンしんちゃん都市伝説】シロが捨て犬になった悲しい理由

th_スクリーンショット 2015-11-30 16.50.00

クレヨンしんちゃんの中で野原家のペットとして描かれるシロ

ペットとしての可愛さはもちろん、まっ白な体を丸めた「わたあめ」という一発ギャグを持つユニークな存在でもある。

さて、このシロがどうやって野原家に飼われたかご存知だろうか。そしてそのいきさつが都市伝説になっているワケとは?

ということで、今回は「飼い犬シロ」についての都市伝説を紹介する。

Sponsored Link

シロは元々ダンボール生活だった…

th_スクリーンショット 2015-11-30 16.49.47

実は、シロは初めから野原家で飼われていたわけではなかった。

アニメ・クレヨンしんちゃんの第7話「子犬を拾ったゾ!」にて、シロは元々捨て犬だったことが確認されている。

これは都市伝説でも何でもないのだが、クレヨンしんちゃんと言えばかなり歴史の長い人気アニメだ。

この放送も1992年のことなので、今の子ども達の中にはこの設定を知らない人も多いのではないだろうか。

この放送回でシロはダンボールに入れられ、道ばたに捨てられていた。夢のダンボール生活である、もちろん悪夢の方だが。

そこを偶然通りかかったしんのすけが発見し、シロを自分の家へ連れて行く。そこから野原家の一員としてシロの生活がスタートしたのだ。

 

シロが捨てられた意外な理由とは?

道ばたに捨てられていたということは逆に言えば、シロは元々誰かに飼われていたはずである。

この元飼い主はハッキリしていて、どうやら平凡な家庭のペットだったようだ。

シロの入っていたダンボールには「オスです。かわいがって下さい」と書かれたプレートが貼られていたが、これもこの家の娘が書いたものだという。

そこまで思いやりがあるにも関わらず、なぜペットを捨ててしまったのか。

Sponsored Link

公式設定によると、一家の父親が「突発性犬アレルギー」という病気になってしまったのだ…

文字通り、急に犬に対してアレルギーを持ってしまう病気である。

この状態になると犬が近くにいるだけで呼吸ができなくなったり、脈拍に異常が出たりするという。

実際にありそうな気もするが、実はクレヨンしんちゃんの中にだけ登場する架空の病気だ。

このアレルギーが原因で「ウチでは飼えません!」という状況になり、しぶしぶシロを捨てた…

これが現在、色々なところで紹介されているクレヨンしんちゃん公式の設定だ。

ところが、ある都市伝説では全く別の理由を紹介していた。

 

シロは別の深刻な病気にかかっていた!?

どうも先ほど説明した理由は「後づけ」ではないかという都市伝説が存在する。

そして本当の理由こそ、同じく都市伝説の噂が多いクレヨンしんちゃんの作者「臼井儀人」さんが当初考えていた裏設定だと言われる。

都市伝説によると、どうやらシロは前の一家に飼われていた際「ガン」にかかってしまったそうだ。

日本人の死亡原因のトップでもあるこの病気だが、実際に動物がガンになることは確認されている。

また、ガンの治療はペットと言えどもかなり高い費用がかかる。

このため都市伝説によれば「シロが病気になったから捨てた」と言われている。しかし、この設定ではあまりに笑えないためボツになったとのことらしい…

特にクレヨンしんちゃんはメインターゲットが子どもだったため、もっと笑えそうな理由にしようということで「アレルギー説」が採用されたようだ。

その証拠として、都市伝説では資料集の「シロはガン」と書かれた部分が塗りつぶされていたと語られている。

どちらの理由にしろ動物を捨てるのはよろしくない。責任をもって飼い続けよう。とは言え、クレヨンしんちゃんのシロといえばしんのすけの良きパートナー。

映画版ではかなりの天才犬っぷりも見せつけているし、ある意味、彼に飼われて正解だったのかもしれない…

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ