「ポコちゃん都市伝説」帽子を被る悲しすぎる理由


th_スクリーンショット 2016-07-11 18.49.10

「ミルキーのイメージキャラクターといえば?」

この質問に筆者は間違いなく「ペコちゃん」と答える。

多くの人がそうだろう。しかしもう一人、「ポコちゃん」というキャラクターがいるのをご存知だろうか?

今回はそんな「ポコちゃん」を都市伝説を通じて紹介したい。

 

恐怖!ポコちゃんが帽子をかぶる都市伝説的な理由

th_スクリーンショット 2016-07-11 20.03.17

まずポコちゃんだが、ペコちゃんと違って商品パッケージにデザインされることが少ない。そのため、意外と多くの人が名前を知らなかったりする。

しかしまぎれもなく不二家公式のキャラクターだ。「帽子を被った男の子」といえばピンと来ないだろうか?

Sponsored Link

ところでこのポコちゃん。基本的には常に青い帽子を付けている。

トレードマークなので当たり前だが、ここに都市伝説の一つが隠されている。その都市伝説ではこう語られている。

「ポコちゃんはむき出しになった脳みそを隠している」

…想像するとかなりグロい。耐性のない人は出来るだけイマジネーションを働かせない方がいい。

とにかく、そんなキツい理由で帽子を被るのだと都市伝説は言う。この原因については諸説ある。

1つは親から虐待されていたというもの。ある時いつもよりひどい暴力を受け、そのため頭が割れてしまったというのだ。

またポコちゃんが工事現場の近くを歩いていた際に、頭上からレンガが落ちて来たためとも…だが、最も有力視されるのが「ペコちゃん犯人説」だ。

これはペコちゃんが「母親を食べ殺した」という別の都市伝説にも関係した話である。どうやらペコちゃんは母親だけでは足りず、近所に住んでいたポコちゃんも襲ったという。

ペコちゃんの「怖い都市伝説」はこちら

ポコちゃんはそのとき頭を割られ…あとは想像にお任せしたい。とにかくそうして頭部にケガを負ったため、隠しているのだ。

また、ポコちゃんはペコちゃんに襲われたときあまりの苦痛から舌を噛み切って自殺した。そのためポコちゃんは舌を出していない…

都市伝説はこのように締めくくられている。あまりにも荒唐無稽というか、ぶっ飛んだ話ではあるが。

だが、これにはちょっとした信ぴょう性がある。

 

ポコちゃんはナゼ「永遠の7才」なのか?

ペコちゃんやポコちゃんの設定を調べると、このような情報が出てくる。

ペコちゃん永遠の6才
ポコちゃん永遠の7才

「永遠の○○」というのは何となく分かる。アニメでもサザエさんやちびまる子ちゃんなど、ループものの世界ではよくある設定だからだ。

これだけ見れば別におかしいところはない。だが2人の設定には、まだ続きが存在する。

ペコちゃんとポコちゃんはともに1950年生まれと1951年生まれ。なんと、生まれた年がハッキリしていたのだ。

50年代生まれといえば、もうとっくにシニア世代。しかし、2人は永遠に歳を取らない存在なのだ。

これがこの都市伝説最大の証拠となる。だが「ループ設定」には、生まれた年を明らかにしてはいけないという暗黙のルールが存在する。

Sponsored Link

なぜなら、生年月日から今の年齢が逆算できてしまうからだ。このことから考えるに、彼らは歳を取らないのではなく、取れないのではないか?

つまり彼らは…既に亡くなっている亡くなってしまえば歳を取ることもない。

ポコちゃんたちは幽霊となって、今もこの世のどこかをさまよっている。それは都市伝説で語られるような悲劇があったから…

 

都市伝説ではなく公式設定…ポコちゃんは幽霊に襲われた!?

先ほどの説明に違和感を覚えた人はいないだろうか。何も感じなかった人のために、ここでポコちゃんたちの公式プロフィールを整理したい。

ペコちゃん:永遠の6才・1950年生まれ
ポコちゃん:永遠の7才・1951年生まれ

お気づきになっただろうか?そう。ポコちゃんの方が後に生まれて年上という矛盾!

はじめこの数字は誤植やタイプミスではないかと疑った。しかし調べてみると、どこもこの数字で統一されている。

どうやら間違いではなさそうだ…とすると、これは一体どういうことか?

先ほどの「幽霊は歳を取らない」説で考えてみよう。つまりペコちゃんのほうが先に亡くなっており、しかも都市伝説の通りだとすると…

ペコちゃんは幽霊になった後、ポコちゃんを襲った!?なんだかとんでもない事実を発見した気がする。

まさか一つの都市伝説に、ここまでのストーリーが隠されていようとは。幽霊になってまで人食いを続けるペコちゃん

くわばらくわばら。

 

ペコちゃんとポコちゃん…2人の本当の関係とは

th_スクリーンショット 2016-07-11 20.00.09

さて、猟奇じみたスペクタクルな都市伝説とはおさらばして…ネット上ではペコちゃんとポコちゃんの関係について、様々な憶測が飛びかっている。

たとえば2人は双子で、ポコちゃんの方が弟だとか。あるいは「妹だ」という意見すらある。

パッと見だとポコちゃんはボーイッシュなので、筆者は勝手に男の子だと思っていた。しかし宝塚よろしく、女の子が男装しているのではとイメージする人も多い。

だが残念なことに、公式には「ボーイフレンド」とハッキリ書かれてあった。新たな都市伝説の予感がしていただけに、本当に残念である。

ただし台湾など、一部の国や地域では実際に「兄妹」として紹介されている所もある。さてそんなポコちゃんだが、実は「Dog」という名前の犬を飼っている。

ところが。都市伝説によるとペコちゃんの飼っている犬の名前も同じ「Dog」なのである。

この世界では、猫に「Cat」とか牛に「Cow」と名付けるのが当たり前なのだろうか?むしろ都市伝説的に考えれば、Dogは同一の存在だろう。

とすると…おやおや。ポコちゃんたちはかなーり良い仲なのかもしれない。

まあ、別の都市伝説では襲い襲われの関係なのだが…ともあれ、そのうちシルバニアファミリー化するのも面白いかもしれない。

ちなみにポコちゃんの名前の由来は「おぼこ」から来ているとする都市伝説がある。これは昔の日本語で「幼児」を意味する言葉だ。

可愛らしさを演出するためにBOKOからPOKOになったという話だ。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ